2011年07月06日

バランス

今日はバランスのお話です。




今日は東近江市の市役所に仕事で行ってきました。




京都からなので遠い・・・・と思っていたら




近江鉄道が、なかなか快適で楽しめました☆




のどかな風景の中をワンマン電車が車体を左右に揺らしながらゆっくり走るので、




ひと時の旅気分を味わえました。





東近江市役所に着くと、なかなかに良い建物だったので思わず





シャッターを切りました。




2011-07-06 14.42.36.jpg




エントランスの庇の深さ、高さがとてもよい感じだったのです。




図ってみると、高さは2.3m高くもなく、低くもなく、程よいバランスを保っています。




見た瞬間思わず笑顔☆




見ると、国の「公共建築100選」に選ばれているようでした。




帰りに八日市駅前でバランスの良い建物を発見しました☆



2011-07-06 15.27.02.jpg



料理屋の「ひなどり」と書いてあったので飲食店のようなのですが、




瓦屋根で、モダンな感じと上手く融合させています。




外壁に1つラインを作っているのが全てを決定しているのだと感じました。




僕はいつもバランスを考えながらプランニングしています。




どんなに変わった建築でも、微妙なバランスが良いアクセントとなり




素晴らしい建築となっています。






建築は2次元ではなく3次元なので、彫刻的要素も含まれます。




間取りが納まればそれで良いのではなく、間取りから発生する3次元的要素。




これも重要視しています。





その為には常に自分の「目」と「手」を養う事。




良いものも悪いものも見てスケッチをし、肉体化していくこと




いつもそれは意識して、生活しています。




バランスのいい建築は見る人を和ませる。





これに尽きます!




東近江市役所に入り、役所の人2,3人に設計者を聞くと




誰も「知りません・・・」との返事が・・・




「公共建築100選」に選ばれているのに・・・
posted by 栗林建築デザイン at 19:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。