2011年07月01日

トイレの進化

少し身近な、少し考える話です。



今日、お施主様との打合せで、男性の小用の方法で話をしました。



l_01.bmp



その方は小用を座ってすると・・・理由は飛び散った時に掃除をしなければならないからだと・・




僕は昔から立ってする方なので、最近の若い人は座る人が多いと聞いていましたが




僕よりも年配の方が座ってされるのを聞いて驚きました。




僕はいつもトイレの床はリビング等と同じフローリングを薦めます。



理由はクッションフロア等では何か味気なく、無機質な感じがするからです。



その時にいつも奥様から掃除で懸念されることが多いのですが、トイレマットを引いて



解決しましょうと薦め、円満の上?フローリングとなります。



しかし、男性の小用の方法を変えることによって、さらに円満にフローリングになる可能性を発見し



ました(^^;




昔の和式便器ならば立ってするのが当たり前でした。



しかし昨今の洋式便器の普及で人間の生きる上での「方法」が変わってきているのが




実感できました。




僕は常に建築に関しては「機能は進化する」と思いながら仕事をしています。




進化する機能に対応しながら、空間を構成し、用途を確認しています。





便器の大きさも、以前よりはコンパクトになりましたし、キッチンも壁付のみではなくなり




独立方やアイランド方が出回り、テレビも昔はコーナーに配置していたのが壁掛けが主流となってい




ます。




そんな機能の進化に対応した人間の進化を、又1つ発見した今日の打合せでした☆



次回からは座ってする解決方法も提案してみよう・・・
posted by 栗林建築デザイン at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。